六度法|3つのルールできれいな字

六度法で  日・査・優

駅名表示が付けるか付けないか、ちょっとしたことで誤字(ごじ)か正字(せいじ)かに分かれます。
「日本を世界に」というスローガンを観客席で振っている人がテレビに映っていました。
「日」は、形が悪いという段階を超えて、明らかな誤字です。
ちなみに、「日」の下に「一」を書くと「旦(たん)」となります。
「元旦(がんたん)」は「一月一日の朝」という意味で、「元旦の午後からサッカーを見た」ということはあり得ません。日が昇れば、昼も夜も、午前零時まで「元日(がんじつ)」です。
「査」のように下の横棒が触れてない「査・優」は誤字です。