六度法|3つのルールできれいな字

六度法で 千・干・動・委・秋・手・系

「南千住」と「北千住」、「みなみせんじゅ」「きたせんじゅ」と誰もが読みますが、「北千住」の線が「干」になっていたことが話題になりました。2015年夏でした。
線の終筆(しゅうひつ 最後の部分)が「払い」か「止め」かが注目されるって、“文化的”な出来事です!
音読み(発音読み)をカタカナ、訓読み(意味読み)をひらがなで表記すると、「千」は「セン・ち」、「干」は「カン・ほ─す ひ─る」です。
「左払い」を雑に書くと、「動・委」や「のぎへん」の「秋科和移税秘秒」など、多くの字が「整正字」でなくなってしまいます。